イギリスの料理について

日本ではイギリスというのはあまりなじみがありません。また世界でもそしてイギリス国内自体でもイギリス料理というのはあまり評判がよくないようです。そんなイギリスの料理ですが実は数多くの種類が存在し、イングランド料理、スコットランド料理、北アイルランド料理、ウェールズ料理といったものがあります。さらにそこから派生したものでアングロ・インド料理などもあります。

またイギリスではジャガイモを付けあわせとして使うことが多く、ジャガイモがイギリスの主食となっています。そして米や小麦を使ったプディングが好まれていて、イギリス料理のオードブルからメインディッシュ、デザートに数多くのプディングが存在しています。

基本はイギリス料理というものは調理に手間がかからず、味付けのあまりない薄味のものが多いので、素材そのものの味が出来上がりの決め手になります。ただ素材がよくともそれだけで出来上がりがよくなるというわけでもなく、やはり薄味のため味の決め手にかけるということが多くあります。

ただ現在では調理法も変わってきており、おいしい料理を提供してくれる店も増えてきています。なので以前ほど料理のイメージは悪くなく、それなりの店へ行けばおいしいものに出会うことができます。イギリスに移住すれば食事は楽しみの一つとなるでしょう。