イギリスへの移住の難易度とは

イギリスへの移住を考えている方にとって、仕事はあるのか、現地での生活費はどれぐらいなのか、そもそもビザを取得したり永住権を取ったりどうすればよいの?というのは課題ですし不安材料かと思います。イギリスへの移住の手段はいくつか有りますが1つは仕事を持って(つまり労働許可証を取る)4年以上のイギリス滞在をすれば次回更新時に永住権の申請が可能になるというものです。しかし昨今のイギリスでは雇用が不安定で失業率は低下、7.7%となっています。国内の雇用促進のために外国人労働者を雇うよりも国内の雇用を守るようになっているので、日本人が何も無しにイギリスで労働しながら移住するというのは難しい事になってしまっています。何も準備や調査もなしにいきなりイギリスに住もう!ということは難しいわけですね。

それから永住権を申請する条件としてイギリス人(国籍)との結婚でもOKというのがありますので、すでにパートナーが居る方は特に問題なく手続きを進めれば良いと思います。こちらは未婚であっても同居しているパートナーがいるだけで申請が可能ですので、詳細はイギリス政府サイトをご覧頂いたほうが良いでしょう。

イギリスで仕事をしながら移住するには

移住であって永住したいわけではない場合、もあると思います。むしろ近年の永住事情は難しくなっているのでまずは4年以上の滞在を目標としている方もいると思います。

その場合は労働許可証(フルワークパーミット)を取得すれば長期滞在が可能になります。もちろん前章の通り条件があるのでスムーズに取得できるとは限りません。条件としてはイギリスにある企業に雇用されること。または、イギリスに進出している日本企業からの駐在所や営業所に勤務することが条件となっています。また大学卒業で過去1年以上の職務経験を保有していなければいけません。

つまりイギリスで雇用される会社での職種と同じ分野のキャリアを持ってい無いといけないことになります。日本で会社員をやっていて、転職してイギリスに行こうとしている方ならOKという事ですね。労働許可証はイギリスホームオフィスのINDに書類を提出し、問題なければ発給されます。審査は2,3ヶ月見ておく必要がありますね。イギリス企業やショップがスポンサーになってくれて雇ってくれた場合は一緒に協力して申請書類を作っていきます。日本企業からの駐在員として赴任する場合は会社のほうで手続きを進めてくれるでしょうから問題ないと思います。

イギリスへの移住で仕事を得るには

イギリスの会社に雇用される方法と、イギリスに進出している日本企業の駐在所で仕事を見つけるという事になります。イギリスの会社やショップにて雇用されるのは自国の雇用を守る制度があるため難しいことは記載したとおりです。全く無いこともないと思いますが、現地の人脈や掲示板などを使って長期スパンで地道に探していく必要があります。

一方で日本企業の駐在員としての仕事を探すほうが少し可能性が高いと思います。こちらはわざわざ英国に渡航して仕事を探す必要はなく、日本で使える人材紹介会社に登録しておくことが第一歩です。いまはインターネットがあるので「イギリスの求人」などで検索をかければいくつか見つける事ができるはずです。人材紹介会社というのは人材が必要な企業とのマッチングを行ってくれるサービスを無料で提供しています。イギリスに移住したい、仕事を探している旨を伝えて求人を提案してもらえるようにしましょう。

運良くイギリスでの仕事・事業を展開したい企業や既に駐在所での求人を募集している会社が見つかればしめたものです。人材紹介会社の担当スタッフ経由で書類を通してもらったり、面接の日程をつけてもらいましょう。採用され問題なければイギリスで仕事しながら移住が可能になります。

イギリスは比較的住宅費用が高く物価も高い国です。住宅費は300〜400ポンドぐらいでしょうか。それから食費も意外とかかり月に200ポンドぐらいになりそうです。(外食をどれだけ抑えられるかによりますが)携帯やネットは不便なく使えますし日本より安いと感じる程度です。日本からの駐在員として仕事をする場合は住宅費は会社持ちでしょうから生活に困る事は無いでしょう。(むしろ少し余裕ができるぐらいかと)